※注意

 

これはフォロワーさんが実際に体験した話を元にして書いたフィクションです。

実際の出来事、登場人物、団体名、地名は本来のものとは異なる場合があります。

 

 

 

 

そして閲覧注意です。

 

↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

【二段ベット】

静岡県 Yさんの恐怖体験

 

 

 

 

これは私が小学生の頃に体験した出来事です。

 

 

私の家には二段ベットがあるのですが、いわゆる一般的な

二段ベットとは少し違い

 

一段目がありません。

 

 

alt

 

 

 

というのもそのベットは祖父の手作りで

普通一段目がある場所には勉強机を設置し

その上で寝られるように工夫したものでした。

 

 

 

ある日、いとこが泊まりにくることになり

 

一緒に寝るために

 

私はベットから布団をハシゴを使って下ろし

 

別の部屋に寝床の準備をしていました。

 

 

 

 

なぜか突然強烈な眠気に襲われ

 

私は作業を中断し

ベットにゴロンと横になりました。

 

 

 

 

alt

 

 

 

私はうとうとしはじめ

 

 

数十分・・いや

数分しか経っていなかったと思います。

 

 

 

 

 

 

ギシッ

 

 

 

 

 

ギシッ

 

 

 

 

奇妙な音に阻まれ

私は深い眠りにつくことができず

 

眠い目をこすりながらベットの下を覗き込みました。

 

 

 

 

 

 

alt

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

alt

 

 

 

 

 

 

 

ベットの下から髪の長い女が

今まさに私がいる二段目に登ろうとしていたところでした。

 

 

 

!!!!!!!!

 

 

 

私は恐怖で声も出ず

まだ残っていた布団に潜り込み目を瞑りました。

 

 

その瞬間

私の脳内にもっと小さい頃、祖父が言っていた言葉を思い出しました。

 

 

「あの部屋には幽霊がおる。」

 

 

当時の私は幼い子供では珍しく、幽霊というものを信じておらず

また大して怖いとも思わず

 

半ば強引に自分の部屋を確保していたのです。

 

 

 

 

 

(あれ?音がしなくなった・・。もういなくなったかな?)

 

 

 

(ていうか何かの見間違いかも、寝ぼけてて夢でもみたんだ・・・。)

 

 

 

 

 

 

私は布団の隙間から外様子を見ました。

 

 

 

 

 

 

alt

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その女は

私のベットの柵に手をかけてこちらを見ていました。

 

 

 

 

 

(ああダメだ・・・もうダメだ。私・・この人にどこかへ連れて行かれる。)

 

 

 

小学生だった私はなぜかそんな事を思いました。

 

 

(もうダメ・・・・。)

 

 

 

そんなときです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ご飯だよ!」

 

 

 

 

突然声をかけてきたのは兄でした。

 

(お兄ちゃんが部屋に入ってきた!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

私が布団から飛び出すと

もうそこには女の姿はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ご飯だぞ!寝てないではやくこいよ。」

 

 

 

 

 

 

 

何も知らない兄は

いつものように私にそう言いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

それからはなぜかその女は

 

二度と現れることもありませんでした。

 

 

 

 

 

 

あの女は何だったんだろう。そんな話を最近兄としたんです。

 

 

 

 

兄は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当はあのとき見ていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

alt

ベットの下に潜む女を・・・。

 

 

 

 

 

もしあのとき兄が助けてくれなかったら。

今思い出してもゾッとします。